M&Hqr

Quer vê-lo? Um pesadelo da realidade

イザベラ Isabella

イザベラ Isabella
国民の反乱によって滅んだ、亡国の王女であったイザベラ。その後、王女から一点、貧困にあえぐ街へと放り出された彼女は、そこでの生活で自身を守る術と、知恵を身につけていった。時は経ち、イザベラはある王族に引き取られる事になる。そして彼女はマリアと出会った。
Isabella was queen of a country wiped out by an uprising. Finding herself living among the poor, she learned how to survive and protect herself. Time passed, and a royal family took Isabella in. That was when she met Maria.

私に逆らうな
Don't defy me.

よくそれで生きてこれたな
How dare you've been able to get over.

触れるな下衆
Don't touch me, Motherfucker.

[女王]イザベラ [Queen] Isabella
マリアと共に明るく楽しい生活を送る乙女……の振りをする元・王女。イザベラの祖先たる初代国王ミハエルはこう言った「我こそ主である」と。そう、イザベラにとって主従関係とは全て自身を最上としたものでしか無い。彼女はこの、マリアの国を乗っ取るため準備を進めていた。
She who lives a bright and fun life with Maria...... The former princess who makes such gesture.
First king Michael who is Isabella's ancestor said so: "I am master."; so, a master-and-servant relationship no more than thought the one which made herself the best for Isabella.
To control Maria's region, she was proceed with the preparation.

いっきまーす!
Here I go-!

ふん、ゴミクズが
This bitch.

触れれば殺す
If you touch me, kill you.

[女帝王]イザベラ [Empress] Isabella
イザベラは自身の計画に僅かな狂いが生じている事に苛立っていた。「竜化症」を、マリアと現国王であるマリアの父に発症させるまでは良かったものの、マリアの心は存外に強く、継承者の席を空けようとはしない。ならば、と彼女は「邪竜の魔眼」を手にし第二の計画を開始した。
Isabella was irritated at a little disorder having occurred to own plan.
They were pleased by the success of giving an Dragoturn Sickness to Maria and her father, the current king. But Maria, with a strong heart, refused to transfer the position of successor.
As means, she has begun the second plan for which used "Evil Dragon's Evil Eye".

ゴミが、目障りだ
Dork, you're eyesore.

虚無を残して去れ
Fuck off to the nought.

誰が触れていいといった?
Who did allow to touch me?

[女鼎王]イザベラ [Empress Queen] Isabella
全て、計画通りであった。王都に飛来した飛竜の大群、そしてそれと時を同じくして現れた魔眼の槍手。悪食竜の背より舞い降りた彼が手にしたその槍は、一切の淀み無く、王女マリアの胸を貫いた。瞬間、イザベラは勝利を確信する。あらゆる手段を講じてきた。あらゆる犠牲もいとわなかった。そして今、願いはここに結実した。だがまだ、終わりのその時では無い。あと一手、それで世界は彼女のものとなる……はずであった。
Everything was her as planned.
Comes flying to the Capital the swarm of a dragon, and at the same time, the Evil Eye Knight who appeared.
The his spear had pierced princess Maria's chest.
That moment, Isabella was convinced of a victory. She took all means. Her ambition was achieved at last.
But it has not been the end yet.
Just a bit more, gets the world from her hand...... was supposed it.

全て私の計画通りだ
Just as planned.

塵は塵に還るがいい
Leave to crap.

貴様の全てを拒絶しよう
I hate your cock.

[女焔王]イザベラ [Fire Empress] Isabella
イザベラにとって、アレンという男は忌々しい存在であった。仲間の無事を何より願い、その為には自身の命すら惜しくないという、その偽善の精神を、何より彼女は気に入らなかった。しかし、その偽善者に対する王宮内での信頼は日に日に増してゆく一方であり、その事実もまた、イザベラを腹立たせる要因となっていた。そこで彼女は一計を案じた。即ちそれは、アレンの最も大切な友に、仲間殺しの罪を着せることであった。
Isabella hated Allen. She hated his selfless regard for his men's safety over his own and the trust he had earned at the palace as a result. So, she conceived a plan to murder his best friend and frame Allen for it.

我が計画に一片の狂い無し
My plan is as exact as perfect.

貴様の命に価値など無い
You are less than garbage.

触れるな見るな存在するな
Don't touch, don't see, don't exist my sight.

[女瀧王]イザベラ [Dragon Empress] Isabella
イザベラにとって、ルカという女は忌々しい存在であった。その知識、そして経験は必ず己の計画の障壁となる。また、彼女が新たに得た力、即ち禁書を自在に操る力は、ただそれだけで世界の理を揺るがしかねない。イザベラは、他の何よりその力を警戒した。しかし一方で、それは己の計画を完遂させるために必要不可欠な「道具」であることも、また事実であった。そこで彼女は一計を案じた。即ちそれは、召喚されし英霊たちを永久に幽閉することであった。
Isabella hated Luca. She hated her newly acquired ability to use Forbidden Tomes. Such powers could foil her plans—but could also play into her hands. So, she conceived a plan to permanently imprison the heroes of legend who had been summoned.

計画こそが全ての理
My plan is the universe.

誰が呼吸の許しを出した?
Who did allow freed?

全てのあがきは無駄になる
All inutile.

[幽閉王]イザベラ [Imprisoned Queen] Isabella
元より「世界」は、其処に無かった。世界は彼女の親を奪い、世界は彼女の家を奪い、世界は彼女の心を奪った。即ち元より、彼女の居場所など、この世界には存在しない。あらゆる物は全て虚無。国を求め、世界を求め、人を求め、それでも何も得られはしない。故に「世界」を彼女は望んだ。これは彼女の物語。自分の居場所を望んだだけの、たった一人の少女が紡ぐ、零へと還る物語。
The world had taken her parents, taken her home, and taken her heart. She never had a place, and she eventually realized she never would. And, so, she decided to destroy the world and create a new one—one where she belonged.

この世全ては虚無に等しい
Everything is nihility.

零に還すが、私の道
Return to zero is my road.

私の居場所は、私だけだ
My belong is myself.